select_language

新着情報

2016/09/16 【お知らせ】「臨海都市都市連携シンポジウム2016」の開催について(神奈川県・川崎市:後援) >>詳しく

2016/07/12 【お知らせ】平成28年第1回川崎臨海部再生リエゾン推進協議会の開催について(川崎市) >>詳しく

2015/11/20 「平成26年度 京浜臨海部立地企業動向調査」の調査結果を踏まえた活動状況のご報告 >>詳しく

2015/11/17 【終了】「理化学研究所 企業版サイエンスカフェin横浜」の開催について(理研・神奈川県・横浜市等主催) >>詳しく

2015/10/16 【終了】「かわさき産業道路大気環境セミナー&ウォーク」の参加者募集について(神奈川県) >>詳しく

京浜臨海部とは?

京浜臨海部の位置、神奈川県東端の東京湾岸を示す地図

京浜臨海部は、石油や鉄鋼等、素材系の重厚長大産業を中心として長年にわたり我が国の経済を牽引してきた工業地帯であり、高度なものづくり技術や世界有数の環境技術をもつ企業が集積しています。
近年では、従来の産業に加え、環境・ライフサイエンスなどの新たな成長分野の企業や研究所等の立地が進むとともに、世界最高水準の熱効率の火力発電や、太陽光発電、バイオマス発電、風力発電、天然ガス発電などの多様な発電施設が集積するエネルギー拠点としての役割を担っています。

横浜市鶴見区及び神奈川区並びに川崎市川崎区のうち産業道路より海側の区域(ヨコハマポートサイド地区を除く。)をいいます。

【京浜臨海部に立地する企業等の例】

排出量を最大限抑制した製鉄プロセス:JFEスチール(株)東日本製鉄所(京浜地区)

最先端の技術によりCO排出量を最大限抑制した製鉄プロセス:
JFEスチール(株)東日本製鉄所(京浜地区)

東日本最大級の原油処理能力:東燃ゼネラル(株)川崎工場東日本最大級の原油処理能力を持つ製油所:
東燃ゼネラル石油(株)川崎工場

研究所:旭化成ケミカルズ(株)川崎イノベーションセンター
新技術の研究開発や新事業の創出:
旭化成(株)
川崎イノベーションセンター


 

研究所:理化学研究所横浜キャンパス

理工学からライフサイエンスを研究対象とした総合研究所: 理化学研究所横浜キャンパス

メガソーラー発電:東京電力(株)浮島太陽光発電所
天然ガス発電:川崎天然ガス発電(株)

再生可能エネルギー、天然ガス発電など多様な電力供給:

浮島太陽光発電所
東京電力ホールディングス(株)・川崎市

川崎天然ガス発電(株)