select_language

←「工場立地図」に戻る

京浜臨海部ぐるり探訪マップ

わが国の代表的な工業地帯として、約100年にわたり日本経済を牽引してきた京浜臨海部には、見どころ、学びどころがたくさんあります。京浜臨海部ならではの6つのテーマを切り口に、ぐるりと探訪してみませんか?

テーマ1:ものづくりや最新技術にふれる

京浜臨海部は、私たちの暮らしを支えるものづくりの拠点です。
また最新の科学技術に関する研究機関も立地しています。→地図はこちら

テーマ2:産業・暮らしと環境のよりよい関係を求めて

現代の重要なテーマである環境。
公害問題の経験を経て、今では循環型社会の形成をめざす取組みも行われています
→地図はこちら

テーマ3:未来につながる歴史と文化

日本の近代化とともに歩んできた京浜臨海部には、さまざまな土木遺産や産業構造があります。→地図はこちら

テーマ4:京浜臨海部と港をウォッチング

京浜臨海部の発展の歴史は、海の埋め立てとともに始まりました。
港と縦横に走る運河は、大きな特徴です。→地図はこちら

テーマ5:アクティブにスポーツ

海づり公園など、京浜臨海部ならではの施設で気分転換してみませんか。→地図はこちら

テーマ6:タウンウォッチング

京浜臨海部ならではの工場地帯の景観が楽しめます。最近は工場夜景の鑑賞も人気を集めています。
→地図はこちら

   →川崎工場夜景(外部リンク:川崎市観光協会ホームページ

楽しく見学していただくための注意事項:

1.予約について確認してください
企業博物館の中には自由に入場できるところもありますが、工場などの見学には事前予約が必要です。(予約がない場合、入場できません)

2.見学の受け入れ条件を確認してください
施設によって受け入れ条件が異なっています。記載されている条件をよく確認してください。

3.交通手段について確認してください

▲PageTop